スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

煌めく星から、生駒の舞台へ

どうも~、小柳です。
今回は、生駒市民劇団「シアター生駒」のブログと奈良教育大学「劇団キラキラ座」のブログに、同時に同じ記事を掲載してみようと思います。

え?何でそんな事するのか??

いや、なんとなく・・・w



ブログとしては、「キラキラ座制作日誌」の方が実は先輩。
元はキラキラ座の15周年記念公演「大劇戦!THEキラキラ8犬伝」の宣伝戦略の一環で作ってもらったもので、2009年11月までは、その脚本・制作だった私の記事もゴロゴロ出てきます。

で、キラ座の記事を書いてるうちに、「なんだ、ブログって結構簡単にできんじゃん」ってなって、「じゃあ、シアターのも作っちゃおう」という事で誕生したのが「シアター生駒ニュース」なのでありますw(シアターのブログの記事が始まったのが、8犬伝終了後の09年11月末)



さて、シアターのブログでは度々触れてますが、
シアター生駒には劇団キラキラ座からの客演が過去幾度となく行われています。

その第1号が・・・、そう、この私。
もう既に卒業してはいましたけど、私が「ハムレット」にレアティーズで出演したのが最初です。

そして、その後、正式にシアター入りした私が、後輩たちを連れて行くという形で、キラキラ座からの客演がなされてきた訳ですが、

2008年、「夏の夜の夢」のライサンダー、「闇に咲く花」の健太郎を演じた糸井茂裕
同年、「闇に咲く花」で吉田巡査を演じた村上 洋
2010年、「奇跡の人」のヘレンを演じた河原杏奈

・・・この系譜に、また一人名前を連ねることになる人物が、31日決まりました。


ご紹介いたしましょう、新3回生の大倉久実ちゃんです!
(パチパチパチ~♪)


さて、なぜ彼女が今回、シアターの次回公演「ひゅ~どろろ」に出演する運びになったのか・・・?



実は、先月25日、シアターの杉本さんと私で、キラキラ座の現役生を対象にワークショップしに行ったんです。

SN3L0291.jpg
(なぜか、奈教のサークル共用棟内にいるシアターの人の図w)

杉本さんが発声訓練を、私がインプロのゲームを担当し、4時間ほどガッツリやりました。
(なぜ、ワークショップをしたのかは、追々現役が書くでしょうから、今は書きませんけど)

自分がシアターに入って以降、本格的に芝居の作り方をいろんな方に仕込んで頂いて、「せっかくだから、それを少しは下の代におろしたい」という思いもあり、頻繁にキラキラ座に出入りしていた時期がありました。
ただ、いつまでもOBが張り付いてるのも、如何なものかという思いも湧いてきて、15周年公演である程度やれる事はやったという自負もあったし、ここ2年ぐらいは全然現役に顔出さなかったんです。

だから、新3回生のコたちって、全然付き合い無かったんですよね。
(シアターでやったワークショップに、先輩らと来てくれたコは何人かいましたが)
今回、久々に行った訳ですが、ようやくどんなコ達だったのか、把握した感じ。


で、今回は、そんな新3回生からオファーを受けまして、ワークショップをした訳ですが、実はこちらも、タダで引き受ける気はサラサラなく・・・


当時、キャスト数不足で難航していた「ひゅ~どろろ」のキャスティング作業。
そして、例によってシアターの人から聞かれる「小柳君、後輩で誰かいない??」

そう。
杉本さんまで連れてってワークをしたのは、要は「誰か目ぼしいヤツはいないか?」と・・・w


ちゅう訳で、見事ハントされたのが、久実ちゃんだったのです。
(まぁ、EVENT-STATIONでの客演経験もある彼女。特にこちらから仕掛けるまでもなく、「今度、稽古見に行っても良いですか?」と、積極的に首突っ込んでくれました)

31日の稽古に見学という形で来た大倉さんですが、
早速、身体訓練の流れから、そのままダンスパートの練習に参加し、
何の疑問も挟まず、本読みに突入・・・w

先輩としては、また一人犠牲者が出た瞬間を目の当たりにしたような・・・w

いやいや、折角なんですから、演劇人として、また一つ大きくなるためのステップとして、今回の舞台を活用してほしいと思います。
シアター生駒も、そんな場として機能できるようにしなくちゃ・・・!

実は、杉本さんが熱心に口説いてたのが、もう一人いるんですけど、来週来てくれるみたいです。
さて、どうなりますやら・・・w


大倉さんも、そして勿論私も出演する
シアター生駒 第7回ファミリー劇場
「ひゅ~どろろ」
2012年6月23日(土)
生駒市北コミュニティセンターISTAはばたきホールにて上演


どうぞ、ご期待下さい!!



スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

ご無沙汰しておりました

キラキラ座制作日誌をご覧の皆さま、あけましておめでとうございます。
三回生の田中です。

どうぞ、今年も劇団キラキラ座をよろしくお願いいたします。




どうやら「あけましておめでとう」と一般的に言えるのは松の内、
つまりは小正月である1月15日までだそうで、2012年のスタートに
キラキラ座制作日誌は完全に出遅れてしまった感があります。


と言いましても、キラキラ座の活動が制作日誌同様にストップしていた・・・





というわけではありません。
学祭公演後から今までの活動の様子をお話ししましょう。


学祭公演が終わって息つく暇もなく、キラキラ座はある依頼を受けました。
依頼主はなんとウチの大学!


気になるその依頼内容は、あちらが提示する18個の事例を基に、
事例ごとに三分間程度の映像教材を制作するというものです。
一月末を目処に、脚本から配役、撮影、編集までを分担して進めました。


しかし予定通りに進まないもので、先日ようやく完成することが出来ました。




映像制作を思い返すと、私には同時に、完成が延びた夏休みの工作が思い出されます。


工作に必要な設計図は、それ通りに製作を進められることが前提です。
図面にある必要な大きさ・品質の部品を揃えられること、
またその製作を可能にする技術があること、
そして設計図通りに進めることで製品がちゃんと出来上がること、

これらの条件を満たさなければ図面は設計図として機能せず、うまくいきません。



何かを作るということがこんなにも難しいことなのかと実感しましたが、
その一方でみんなで分担して脚本を書き、制作に取り組んだことで
各々の力を確かめることが出来ました。今回の活動を通して、活動に携わった分だけ
スキルアップが出来たのではないでしょうか。


一回生・二回生のこれからの活躍をとても楽しみに感じます。






さて、そんな後輩たちの次なる活躍の場は、間近に迫った第49回公演
子ども達とその保護者方がお客さんの人形劇です。






劇団キラキラ座第49回公演

「人形劇 神さまの縁結び/つきよのキャベツくん」

2012年2月25日(土)14時より
大和郡山市 南井町児童館にて



「神さまの縁結び」は昔話、「つきよのキャベツくん」は絵本を題材にした、
ペープサートによる公演となります。私はほとんど携われませんでしたので、
制作の様子を伝えることが出来ません。


これもまた、今さらながら後輩の活躍の場といたしましょう。







ところで、三回生・四回生もまた何もしていないわけではありませんよ?
現在、卒業公演に向けて日々稽古に励んでおります。
制作日誌での卒業公演の告知はまた後日おこないます。








・・・と書いておけば、改めて更新せざるを得ませんね。
というかこうでもしないと…(^^;



稽古の出来る時間は本当に少ないです。
出演予定の方々、練習時間を効率よく活用できるようにしましょうね

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

おわりおわり

今回照明を担当した人です。

10月29日・30日に公演が無事に終わることができました。

私は照明の仕事としては2回しかありませんでした。
場面展開がほとんどありませんでしたから、ノンストップで劇が進行していました。
それがこの劇のいいところであったのかもしれません。

笑いもところどころ起きていたので、こちら側としては満足したものでした。


今度集まる時に今回の劇の反省会と第46回公演に向けての話し合いがあるみたいです。
多分反省会のほうに重きを置くのかな?



ではまた。
プロフィール

劇団キラキラ座

Author:劇団キラキラ座
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。