スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公演記録#20.100円ライター/猛獣(‘03. 4.23)

【会場】奈良教育大学 講堂

【解説】
2003年度の新入生歓迎公演。
キラキラ座で初めてのオムニバス公演で、「100円ライター」と「猛獣」の2本立てである。
(決して「猛獣分の100円ライター」というタイトルではない)

この時期のキラキラ座は、大学祭実行委員になっている団員が複数名存在し、彼らが欠ける学祭公演などは出演者が2,3人という規模で上演せざるを得なかったのだが、この新歓公演は、学祭の制作期間から比較的外れていたため、この頃にしては珍しく、2本合わせて11名のキャストが出演している。

元々、本公演の第1部には、サスペンス要素の強い別の作品が準備されていたが、脚本がまとまりきらず、急遽「100円ライター」に差し替えられている。そのため、「100円ライター」は短編とはいえ、レパ入りから2週間で本番にこぎつけている。

ちなみに、本公演後に新入生は2人入部し、新歓公演としての成果を一応は残したのだが、この年度の末から卒業公演が定例化し、それによって準備期間が足りなくなったためか、新入生歓迎公演はその後しばらく行われず、サークルオリエンテーションで出し物をするにとどまっていた。

だが、学内にもう一つ劇団が台頭してきた今は話が別。
新入団員の獲得合戦が激化した2008年以降は、#36の裏、#39といった具合に、新歓公演を毎年上演する体制が出来上がりつつある。


第1部「100円ライター~実はLでなくR~」
#20.5
【スタッフ】脚本●安藤花恵
【キャスト】少女・・・安藤花恵、コンビニ店員・・・村上依里etc
【あらすじ】
 コンビニにコピーをとりに来た女の子は、店員から、コピー機の代わりに100円ライターを使うようにと言われてしまう。
 100円ライターと言っても、そこには少女が一人腰かけているだけ。
 そばに近づいてみると、「100円入れて」と声をかけられた。
 仕方無く投入口に100円を入れてみると、少女は突然童話を語りだし・・・

【キャラクター・ピックアップ】

 ◎少女(100円ライター)
 キラキラストアーというコンビニに置かれており、100円を入れれば、100円分の物語を紡ぎだし、お金を入れた人に語って聞かせる。(100円分語れば、例え、話が途中でも語りを止めてしまう)
 ある日突然、全く動かなくなってしまうのだが、実際にはかなり前から壊れていたらしく、業者によって回収されてしまう。
 その後、キラキラストアーには新型の100円ライターが設置されている。


第2部「猛獣」
#20
【スタッフ】脚本・演出●花岡宗憲
【キャスト】父・・・村上 洋、おまわりさん・・・小柳 亮etc
【あらすじ】
 「お母さんが・・・、トラになっちゃった!」
 「・・・え?」

 ある朝、娘が母親の寝室に入ると、ベッドの上にトラがいた。
 妻がトラになってしまったと思いこんだ父は、警察に電話をするのだが、
 父娘とおまわりさんの勘違いに次ぐ勘違いから、話は輪をかけてややこしくなり・・・

スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

集中!

はじめましてこんにちは。現役3人目の田中(裏方を担当)です。
我が家のパソコンが世界と繋がっていない為、ケータイから失礼します。

一週間も前の話になってしまいますが20日の稽古についてつらつらと…。


20日は朝9時からパルテにて全体稽古を行いました。
この日は教育実習中のシノさんが参加できる貴重な日。
そのため、シノさんが登場するシーンを中心に稽古を進める集中攻撃でした。

お昼から少しね間ではありましたが、座長さんがいらっしゃって指導をしていただきました。
その中で印象に残った言葉は「集中すること」。
舞台上では目を掻くだけでも意味を持つので、役に集中し内側から演じなさい、とのことでした。

黒子として舞台に立つ私にも他人事ではないのでございます。
気を引き締めると共に、芝居のツメが近付いていることを感じました。




改めて暦を見ると「あと一ヶ月」がもう目の前…。

とにかく集中です!

公演記録#23.きらきらぼしのうえで(’03.12.20)

#23
【会場】奈良教育大学 山田ホール

【スタッフ】
総合演出●内藤愛子
脚本・演出●花岡宗憲・八田明子・安藤花恵
ピアノ演奏●井尻 望
舞台美術●安藤花恵
衣装●矢敷奈津希

【キャスト】
高橋 曜
八田明子
濱崎良一
小柳 亮
内藤愛子
花岡宗憲
矢敷奈津希
田屋千春
井尻 望
長山さち子

【あらすじ】
飛べない天使が見おろす世界では、それぞれのクリスマス。
サラリーマンはサンタの代役に奔走し、サンタは南の島へバカンスに。
恋人たちは優しく語らい、あるいは、浮気を疑ってちょっとだけケンカする。
アイを見つけられない人たちは、終わらない電話をかけ続けてる。
そんな不思議な聖なる夜に、天辺まで登っちゃった女子高生が2人。
きらきらぼしのうえから、2人が警官に要求するものとは!?

「かんじんなものはね、目には見えないんだよ」
それぞれの、クリスマス。

【解説】
3人の脚本・演出担当者によるオムニバス公演でした。
会場の山田ホールにはツリー(中が光る!)を立て、クリスマスの飾りつけをし、トナカイやソリに見立てた客席を作りました。
挿入歌である多々良部高校の校歌は井尻望の作品ですが、完成度が高くて、お客さんには実在の校歌だと思われたようです。
時おり挿入されるピアノの演奏も、きらきらと星のようでした。
プログラムの詳細は以下の通りです。

***************************************************************************
プロローグ 星の王子さま(郡読) 原作●サン=テグジュペリ 編集・演出●花岡宗憲

1、堕天使だからさ! 脚本・演出●花岡宗憲
 優秀な天使・・・高橋 曜 堕天使・・・八田明子

2、3つ数えろ! 脚本・演出●八田明子
 サラリーマン・・・濱崎良一 サンタ・・・小柳 亮 トナカイ・・・内藤愛子

3、星の王子様~花~(郡読) 原作●サン=テグジュペリ 編集・演出●花岡宗憲

4、恋人のサンタクロース 脚本・演出●花岡宗憲
 男・・・花岡宗憲 女・・・矢敷奈津希

5、恋人がサンタクロース 脚本・演出●八田明子
 スチュワーデス・・・高橋 曜 サンタ・・・小柳 亮 トナカイ・・・内藤愛子 サラリーマン・・・濱崎良一

6、リース 脚本・演出●安藤花恵
 田端・・・花岡宗憲 狭山・・・矢敷奈津希 友城・・・井尻 望 皆川・・・田屋千春

7、星の王子さま~井戸~(郡読) 原作●サン=テグジュペリ 編集・演出●花岡宗憲

8、きらきらぼしのうえで 脚本・演出●安藤花恵
 きより・・・長山さち子 あやか・・・井尻 望 警官・・・小柳 亮

9、堕天使だからさ2 脚本・演出●花岡宗憲
 優秀な天使・・・高橋 曜 堕天使・・・八田明子

エピローグ 星の王子さま~別れ~(郡読) 原作●サン=テグジュペリ 編集・演出●花岡宗憲
***************************************************************************

それから、プログラムに載せたみんなのひとことが面白いので記録しときます☆

「サンタさんは本当にいるか実験したことがあります。いました!!」byゴロー
「空を自由に飛びたいな☆」「はい!ヘリコプター!」by八田(堕天使)
「脱サラ」by濱崎
「I am happy X'mas!!・・・ありゃ?違うか(笑)」byきより
「皆さんが、自分だけのサンタクロースに出会えますように・・・☆」by矢敷
「日焼けかぁ・・・。」byサンタ
「You know what thing do I want?」by皆川
「いっちばん高いとこでクリスマス、すごしてみませんか?」byあやか☆
「☆メリクリ/メリキラ/メリクリキラ☆」byあんど(多々高出身)
「野に咲く薔薇でのばら」by高橋
「目に見えないかんじんなもの※確実なもの※幸せ?」by花岡


【キャラクター・ピックアップ】

◎トナカイ
別に何の変哲もない赤鼻のトナカイ。
サンタクロースさまの良き相棒だと自負している。
実を言うと、ソリにはもう飽きていて、南の島で日焼けしてお魚が食べたい。
人の話はあんまり聞いてないけれど、仕事は早い(そして速い)
「1、2、3、メリークリスマス!」を合言葉に、どこまでもどこまでも行きますよ!

文責:内藤(OB)

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

公演記録#38.弱法師(‘09.2. 21)

#38
【会場】奈良教育大学 山田ホール
【スタッフ】広報・パンフレット制作●木村仁美etc
【キャスト】
川島・・・糸井茂裕
川島夫人・・・庄真菜未
高安・・・川島賢太
高安夫人・・・田中万結 etc

【あらすじ】
とある家庭裁判所で、二組の夫婦が子どもの親権をめぐって話し合いを行っている。
子どもの名は俊徳。
15年前の空襲で生みの親である高安夫妻と行き別れ、物乞いをしていたところを川島夫妻によって引き取られたのである。
お互いに一歩も譲らぬ言い争いを続ける両夫妻に対し、調停員の桜間級子は、一度席を外し俊徳と二人で話をさせてほしいと言い放つ。
俊徳との会話の最中、ふと窓の外の夕焼けに感嘆の声をあげる級子。
一方で「あれは夕日なんかじゃありません!」と叫び狂う俊徳。
その時、俊徳の目には、15年前に彼から光を奪った炎の記憶がよみがえっていた・・・

【解説】
2005年新入団員による卒業公演。
この年の新入団員といえば、新人公演に年齢制限を設けてみたり、自主制作映画に取り組んでみたり、学祭でおかまバーを経営してみたりと、前衛的で一風変わった企画を数多く生み出し周囲の人間に衝撃を刻み続けたことである種語り草になっている。


本公演では、「家庭裁判所の中」という舞台設定を、パーテーションで山田ホール内の空間を切り取るという発想で再現した。パーテーションは舞台上のみでなく客席の周囲をも囲む形で設置されたため、最初会場に入ってきた観客は、こじんまりと並んだ仕切りの正面に受付がたたずんでいるのみの不気味な光景に戸惑いを隠せない様子であった。

一方仕切りの向こうでは、一部の役者が下品な会話で緊張を紛らわしていたり、本編とはまったく無関係なコスプレグッズが転がっていたりと騒々しい様子だったのだが・・


ちなみにこのコスプレグッズとは、俊徳役兼演出の改原氏がその昔着用していたセーラー服であり、これはキラ座の「男性」達が数多く袖を通してきた由緒ある衣装でもあった。
今回は本番中ではなく、アフタートークでMCをやらされることになった糸井が着る為に持ち出された。
演出上の意図は、ない。


とにかく邪な遊び心と茶目っ気たっぷりな卒業生たちであったが、演技にかける姿勢は本物であった。
特に、女優陣がそれぞれ役を努めた俊徳と級子は台詞の量が多く語彙も難しいものばかりで構成されていたため、卒論提出を間近に控えてんやわんやだった2人は稽古の度に頭を痛めていたものである。

とりわけ俊徳に用意された最長の台詞は5分以上にわたり絶叫と狂気の立ち回りを伴うものであったため体力の消耗も激しく、それに対して淡々と会話の切り返しを行う級子も相当の集中力を必要とし、この場面の稽古では、演技を見ていた他の役者も一緒に緊張させられるほどであった。

それだけに、この俊徳と級子のかけ合いは作中屈指の名シーンとしてアンケートでも高い評価を得た。



なお、改原氏は長台詞を覚えやすくするため、「言葉を図式化して、イメージで覚える」という手法をとった。
しかしホワイトボードに描かれたそれは、象形文字の成立過程のような、暗号じみた絵の羅列だったという。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

秋ですね

はいはい、どうも、ダイカクです。はじめまして。

あいだ空けちゃいましたが、9月13日の稽古についてです。
お昼までは第6幕、それと第8幕の前半を主に練習しました。



うーん、戦闘シーンがすさまじくカッコよくなってますね。
その場面はダイカクはお休みなので、客席から観ていたのですが、
双方の動きが流れるようで、まるでアクション映画の一部でも
切り出してきたかのようでした。


いやはや、私にはあんなん無理ですな。科学者だし。




そういや、その戦闘前の兵士の動きに滑稽なおまけがついていました。

なかなか笑える。

その兵士の役は、その場面で出番のないキャストが兼ねるそうなのですが、
誰がアレやるんだろう…。



午前の稽古が一段落つき、午後に向けて小柳さんから課題が一つ出されました。
劇中に、犬士たちがバタリと倒れる場面があるんですが、
そこで、どのように倒れるかを決める。それぞれの倒れ方も、
倒れる場所も他の犬士と重ならないように。
というものでした。


お手本として小柳さんが後方に倒れる演技をしてくださいましたが、
いやぁ、さすがです。


バラバラだった犬士たちの倒れ方を見事、後方オンリーに統一してくれました。

ってだめじゃねぇかっっ!




でもね、誰でも真似したくなりますよ、あんなの見せられたら。
倒れる予定のないダイカクも、ついつい…。

午後は、第8幕からおしまいまでの通し練習をしました。

みなさん、お見事な倒れでした。

それはいいのですが、クライマックスがなかなかうまくいきません。
人数が多いと、そんだけタイミングも合わせづらいですね。
練習あるのみ。





さてさて、長々だらだら書きましたので、そろそろ報告を終わります。
いささかネタバレしてしまったような気もしますが、気のせいです。


はい、それじゃこのへんで。ではでは。

重陽でした。

はじめまして、こんにちは!
末っ子犬士のシンベエです。

シノ兄さん、実習お疲れ様です。
フセ姫様も応援してたよ。


さて、僕たちのほうは9月9日に稽古がありました。

午前中は裏プロローグ・裏6幕の練習をしましたよ。
夏も終わりを迎え、サークルボックス内での稽古でも大分涼しく快適でした。

とはいえボックス内は狭いので、途中からボックスの外に出ての青空稽古。

内容はというと・・・ネタばれになっちゃうので詳しくは書けないんですが、
「どうやったら大きく動けるだろう・・・」が中心でした。
動きのあるものにするために、台詞が変わったり、増えたり・・・。
でも、増えた部分のおかげで、なんだか僕も前より動けてる!・・・かな?


お昼をはさんで、午後はフランチェスコさん、ドウセツさんをむかえて
第6幕の稽古をしました。主にフランチェスコさんの登場シーンです。

これまた、詳しくは書けないのですが、
稽古と同時進行で小道具(衣装?)の試作品を作ってみました。
これはフランチェスコさんに関る部分なんですが、その試作品を作る段階で、
フランチェスコさんの新しい方向性が見えてきました(笑)
そのおかげか、こちらも何だか面白い方向に変わっていっています。

ドウセツさんにも美味しい(?)シーンが増えました♪



稽古以外のほうでは、OGの方などにも手伝っていただきながら、
衣装の制作にとりかかり始めています。

キャストが多く、デザインも結構複雑なんですよね・・・。
実は、かくいう私も衣装デザインの片棒を担いだ人間なのです。
これは、是が非でもOGの方から衣装作りの技術を学んで、
少しでも戦力にならないとですね。
もちろん役の方もがんばります・・・!

近々、ミシンも購入予定!わーすごい!



・・・ということで
なんだか長くなってしまいましたが稽古の報告でしたー。

季節の変わり目ですので、皆さん体調にはくれぐれもお気をつけ下さい。

ではU・ω・Uノ

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

皆さんお元気でしょうか

実家のパソコンからこんにちは、長らく留守にしてます、シノ兄貴です。


はい、教育実習真っ只中であります。
気づけば季節は9月も中ごろにさしかかりますか・・

朝晩肌寒くなってきましたが、他の犬士達は元気でやってんのかい?



サイトが更新され、製作日誌も勢いを取り戻してきたようで、稽古の方も軌道に乗ってきてるんでしょうかね。




指導案が行き詰ってまして、気晴らしに管理画面を開いてみました。


とりあえず現状報告。

実習は順調に進んでます。
田舎の学校であるが故か教職員の方々はみんな優しく開放的で、職員室にいても全然息苦しくない。

嬉しいことに子供たちも、担当学年である2年生だけでなく、他の学年の子達もなついてくれまして、休み時間はあっちゃこっちゃに引っ張りだこです。
ただ、たぶん彼らの僕に対する認識は「先生」ではなく「遊び相手」であろうってのがよろしくないところですが。



とはいえ一日授業観察で学校中歩き回って、子供の相手して、放課後も事後指導受けたり記録書いたりしてるととっても疲れます。

さらに、住民票を奈良に移してなかったのが災いして、運動会のリレーにまでエントリーされちまいました・・
そっちの方にも練習に行かなきゃってんで、最近のシノさんは家にいてもグロッキー状態です。







えっと、結局何が言いたかったかというと






台詞全然入ってません、すんません。


連休には奈良に帰る予定なので、おしかりはその時に受けます。
あ、でもできれば優しくしてください。

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

ロングスパン

公演記録ばかりアップされて、あれ?制作日記どうなったと思った矢先、コブンゴが出てきて安心しました。

とは言え、ネタバレにならないように、稽古状況を報告するのは難しいもので・・・
中々、具体的な話ができないですねぇ。
ホームページの設定紹介が少し拡張されてきてるので、そちらも参考にして頂きたいところですが・・・

まぁ、「何幕の稽古した」って書かれても、読み手にはピンときませんよね?


ちなみに、今回の芝居はプロローグと1~11幕で構成されてます。
それから全体のどの辺やってるか察して頂けると・・・

でも、相変わらず私のホン、場転が多い。
まぁ、これでも少なくなった方か・・・
(あの長い長い「八犬伝」を1時間半ほどにまとめてんだから、まだマシか?)





ところで今回の公演、前回の新入生歓迎公演「LENS」から半年以上スパンが開いてます。

例年なら、1回生がデビューを飾る新人公演が挟まるのですが、
15周年の今年はちょっとイレギュラー。
新人公演すっとばして、学祭公演に全力投球です。
(だから、新入生はいきなり学祭公演でデビューという事に・・・)





理由は、15周年記念公演をキリのいい40回目に持ってくるため




・・・という理由も無きにしも非ずだけど、



実際のところは、それぐらいの時間をかけないと間に合わないと判断したため。


ホントは短期間に集中して、稽古に取り組むのがいいのだけれど、
キャスティングしたOBの中には、奈良教育大から大分離れた所に在住のものもいて、
そう頻繁には稽古に借り出せない。

と、なると、稽古期間を長くして、参加回数を何とか稼ぐしかない。

しかも、教育実習組が9月は丸々離脱するので、
8月までに、ある程度の目星をつけないと不安・・・

とまぁ、主に役者のスケジュール調整の難しさから、今回は5月にレパ入りしたのですが・・・




やっぱり半年の制作期間は長すぎだと我ながら感じる。

これまでのキラ座公演や自分がシアター生駒等で関わってきた芝居を含めても、
だいたいレパ入りから本番までの期間は3、4ヶ月。

稽古期間を引き延ばし過ぎると、「まだ本番まで日がある」という油断から、どうしてもダレてきてしまうのである。


結局のところ、8月終了時点では、言うほどしっかりした目星は立っていない。

制作期間の3分の2を消費したにもかかわらずである。


まったく、舞台の制作というものは難しい。
全員がそれ専門で動いている訳じゃないから尚更である。
(かく言う、私も別件の芝居で2足の草鞋だった)


さぁ、ここから2ヶ月(切っているが)が勝負だ。

各スタッフに頼んだ仕事も少しずつではあるが出来上がってきている。
(これから作らないといけない物の方が圧倒的に多いけど・・・)



うまいこと、密度の濃い時間の使い方をしていきたいものである。







テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

9月に入り・・・

 はじめましてコブンゴと申します。

 8月29日に稽古があり、今回の稽古にはジュダイ隊長や衣装を作ってくださるOGに方にも来ていただきました。稽古は裏プロ、第5幕、裏6幕、第10幕等を練習しました。

 それぞれのキャラクターがだんだん固まってきまして、シンベエさんは思っていたキャラが違っていたらしく、少し途惑いをおぼえつつ・・・

 第10幕の練習では、クライマックスのシーンがすごくかっこよくなっており、流石に演出家はすごいなと思いました。


 今回は劇団キラキラ座・15周年記念作品ということで、いろんな方からのご支援があり、8犬伝は作られていくんだということで、コブンゴとしては役作りに邁進していくしだいです。
 役作りのためには体重維持とのご指摘があったのですが、体重は減る一方でコブンゴとかけ離れた体型になってしまうのでは心配しているしだいです。

  
 


 1回生が初めて、劇団キラキラ座の8犬伝製作日誌を書くということで(自分の思いすごしかもしれませんが)、なにぶん緊張して書かせていただいております。

 では次の方にバトンタッチさせていただきます。以上コブンゴでした。
プロフィール

劇団キラキラ座

Author:劇団キラキラ座
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。