スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「人生は、楽しい方がいい」

玉音放送 『劇団キラキラ座旗揚げ時の志』
                                                       

             誇るべき劇団員一人ひとりへ


1. 「人生は、楽しい方がいい」について

 人の死に直面するたび、「人生は一度しかない」と感じさせられてきた。あるとき、この想いが飽和に達し、「人生は一度しかない」、だったら「人生は楽しい方がいい」と感じ、劇団キラキラ座が誕生した。

   「人生は一度しかない」→「人生は楽しい方がいい」→『劇団キラキラ座』

 現在、劇団キラキラ座の基本理念として「人生は、楽しい方がいい」という言葉だけが風化せず残っているようだ。


2. 「楽しい」について

 問題は、「楽しい」という言葉の意味である。本物の「楽しさ」を見極めたい。それには、〈個人〉と〈全体〉の両面を見る必要がある。

 個人について。本物の「楽しさ」を見極めるためのキーワードは“夢”である。日常のなかで辛く苦しいことは山ほどある。しかし、ワクワクするような“夢”をもつと状況は一変する。“夢”は、日々の生活の中で当たり前のように訪れる様々な辛さ・苦しさ・悲しさ・寂しさ等から我々を守ってくれる、言わば人生の保護具である。
 こだわることのできる“夢”をもつと、その“夢”に向かう過程で起こる様々な出来事や、その“夢”を実現させるために必要な様々な努力自体が「楽しい」ものとなる。
 「人生は楽しい方がいい」という言葉は、「自分の“夢”をもってそれを楽しもう」という意味が半分を占めている。

 全体について。公演においては、パルテノン講堂まで来場いただいた客に“夢”や“希望”をもたせられるものにしたい。当然、自己満足に陥ってはならない。「人生は楽しい方がいい」という言葉は、「まわりのみんなを楽しませることを楽しもう」という意味が残り半分を占めている。
 懸命に働いた代価としてお金が得られるように、我々は客を楽しませて、初めて「楽しさ」を感じられる。「お金が欲しいお金が欲しい」というだけの醜さと同様に、「楽しみたい楽しみたい」というだけの創造力の無さには共感を集められない。
 
 これらの半分ずつ(「自分の“夢”をもつこと」と「周囲の人々を楽しませること」と)が両方ともそろわないと、「楽しさ」は満たされない。


3. 「人生」において

 最低でも、
       「自分の“夢”」+「周囲の人々を楽しませること」(半分+半分=100%)
の形をとりたい。

 欲を言えば、
       「自分の“夢”」×「周囲の人々を楽しませること」(さらに相乗)
の形をとりたい。

 最終的には、
       「自分の“夢”」=「周囲の人々を楽しませること」
でありたい。

 何物をも生まず、だらだらと時間を過ごすことによっても楽しさを感じられるかもしれない。しかし、これは一時的なものであり、食物を食べてもそれを消化しないのと似ている。人は、確かに栄養を摂取し、死ぬまで成長し続けなければならない。我々は努力し成長を続ける限り、人生を長期的に本当に楽しむことができる。
 我々は、消費する側ではなく生産する側にまわりたい。携帯電話を使っている人間ではなく、つくり出した人間が偉いのである。テレビや演劇等のSHOWを観る側より、そのSHOWをつくり出す側の方が「楽しい」のである。人のつくったものや考えたものを消費・浪費するのではなく、自分のつくったものや考えたものを提供し続けたい。
 世界は狭いがまだ広い。この世の中でも、まだまだ「楽しむ」ことはできる。やり方ひとつ、考え方ひとつなのである。


4. 「キラキラ座公演」について

 キラキラ座公演は、これに関わっている一人一人の力(一人として欠くことのできない貴重な力)が全て必要なのである。有能かつ有望な劇団員一人一人が、真剣にこれにあたってほしい。
 もはや猶予はない。真に時間を大切にし、丁寧かつ懸命に進んでほしい。
 我々一人一人の力を結集して大きな岩を動かし、観客の心を震わせよう!
 みんなで一発、すごいことをしよう!!!
 
「人生は、楽しい方がいい」 のだから・・・
                                    太田垣 学



スポンサーサイト

テーマ : Happyになるために
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇団キラキラ座

Author:劇団キラキラ座
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。