スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公演記録#4.底抜けのバケツ(‘96.11.17)

#4

【会場】奈良教育大学 講堂
【スタッフ】作●二宮 豊、演出●太田垣 学、小道具●藤原亮祐etc  
【キャスト】園長・・・二宮 豊、若宮・・・添谷史香、京子・・・久下沼有希子、時枝・・・四宮 豊、原田・・・星川大輔、那須・・・川城精司

【解説】
 劇団キラキラ座史上初のオリジナル戯曲。
 脚本は、4月に一旦の完成をしてから約4ヶ月の間の加筆期間を経たため、量的に倍となり、出演者も増え、内容的にも充実している。公演時には演出、役者の力によって、よりスマートに、かつ笑いの要素が増加している。本作品に限らず芝居は関係者全員の作品だなっと思うことシキリだ。特に演出の太田垣 学は、さすが座長と呼ぶべき働きであった。
 特に大小道具に力を入れ、本物の事務机の使用、リモコンによる怪獣の操作、素焼きの亀など苦労、つまり見どころが多かった。上演時間は約1時間15分。

【台本全文】
底抜けのバケツ/前半
底抜けのバケツ/後半
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇団キラキラ座

Author:劇団キラキラ座
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。