スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とある家族のはなし⑦

こんにちは。今回の公演で大森賢くんの役を頂きました田中です。
や、どうもどうも。


さて、24日(水)の稽古の様子をつらつらと。
ママとサチが不在の為、大森くんと音尾さんが登場する場面の練習。
特に、二人が言い争う場面、そしてルミ子さん登場の場面。


まず、音尾さんの芸術家っぷりに一段と磨きがかかりました。
台詞に動きがつくと、見る側の目が自然とそちらに向かいますね。
個性的なアクションならば、なおさら。勉強になります。


大森くんは、高めの声を意識してみました。野太い声に後ろ向きな
台詞は、なんか合わない気がする。演出家さんも不在だったので、
暴走してなきゃいいんですが。それからもう一つ。言う台詞を
自分の言葉にすることを念頭に置いてみました。
台本そのままだと、どうしても不自然さが出てしまうので、単に
台詞を覚えて言うだけでなく、しっくりくる言い方に少しだけ
変えると、感情が入って自然になると思います。
暴走してなきゃいいんだけどー。

ルミ子さんは、
ま、まだ台詞は完璧じゃないけど、パルテでの
稽古までにはなんとかするからー、
と仰ってました。


台詞が完璧でないのは私も同じく。
実際、二回ほど飛んじゃいましたし。明日はこんなことが無いように
しないと。この前に罰をどうするか考えてるお方もいらっしゃったし…

いやいや、罰怖いって。ほんと怖い。どれだけ怖いかっていうとマジ怖い。
うぅ、怖いよう。




えーっと…



あっそうそう、少しずつ桜が開花してきてますね。お花見お花見ー…



…なんて寝惚けてる場合じゃ無かった。明日はパルテでの稽古ですからね。
音響や照明の調整をする数少ない機会なんで、大事にしないと。
というわけで、キャストの方々、まさに命懸けですな。


いや、他人事じゃないけど。







ちょっとオカマの役をやってみたいなぁと思ってたけど、この前に
例の花柄の衣装を身に纏ったママを見て、うげぇ、やらんで良かったー
とか率直な感想を抱いたのは、これまた別のお話。
いやはや、よかったよかった。

はい、てなわけでおしまい。
スポンサーサイト

テーマ : 演劇・劇団
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

劇団キラキラ座

Author:劇団キラキラ座
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。